SimilarwebとGoogle Trends

SimilarwebとGoogleトレンドは、根本的なメソドロジーが異なっているため、直接比較した際の結果にばらつきが見られることがあります。

Similarwebの検索トレンドは弊社が計測する検索ボリュームデータを主要な情報ソースとしていますが、このデータはユーザーの検索行動を的確に反映するため、その精度と鮮度の高さが保証されます。言い換えると、弊社データは実際にユーザーが行なった検索を参照しているため、そこから得られるインサイトがより正確であると言えます。

Keyword_Search_Trends.png

 

SimilarwebとGoogleでトレンドのインサイトに違いが見られる理由はなんですか?

データメソドロジーの根本的な違いはありますが、次のような理由でデータの差異が見られているかもしれません。

  • 検索フィルター: 複数のデータレポートを比較する際には、検索フィルター設定を統一する必要があります。 国、分析機関、およびデバイスのフィルター選択も同様に確認してください。

  • 完全一致キーワード: Similarweb では、完全一致キーワードに基づくデータとインサイトを表示します。ユーザーのクエリに含まれる用語と完全に一致するキーワードのみが結果に含まれます。

    例えば「banana」「bananas」「bannana」と言ったように異なるバリエーションで分析調査をした場合、表示される結果は変化します。また、半角・全角スペースも異なるバリエーションとして認識されます。

    一方、Googleの場合、単数形、複数形、ミススペリング、他言語表記などのバリエーションは同じ検索ワードとして含まれます。

  • ワードやトピック別検索: 繰り返しとなりますが、Similarwebのキーワードセクションデータは完全一致の結果を表示します。より正確で的確なインサイトを提供するという目的で、ワードやトピックをまとめた表示にはなっていません。トピックごとにグループ化されたデータを利用する場合は キーワードフレーズ をご参照ください。

Similarwebは他にもキーワードの特定・分析ツールを多種ご用意しています。

狙うべきキーワードや守るキーワードを詳しく調査するには、キーワードの機会セクションを是非ご利用ください!

この記事は役に立ちましたか?
32人中22人がこの記事が役に立ったと言っています