マーケティングチャネル(ウェブ業界分析内)

ウェブ業界分析においてマーケティングチャネルの分析を行うことができるのが、この「マーケティングチャネル」です。指定された期間と国における、業界ごとのマーケティングチャネルの分布状況を把握できます。なおこのデータは、選択された業界カテゴリ内の上位100のウェブサイトのトラフィックデータに基づいています。

トラフィックシェア:選択された期間における、選択された業界カテゴリーの各マーケティングチャネルからの流入トラフィックの分布を表示します。

ソース別トラフィックボリューム:選択された期間における、選択された業界カテゴリーの各マーケティングチャネルからの流入量の遷移を確認できます。

マーケティングチャネルの分類は以下の通りです。

  • ダイレクト:ブラウザに直接入力されたURL、保存されたブックマークやブラウザ外からのリンク(Microsoft Wordなど)、ポップアップ広告、オートフィルなどから送信されるトラフィックです。

  • メール:ウェブベースのメールクライアントから送信されるトラフィックです。

  • リファラル:アフィリエイト、パートナー、ニュース、レビューなどの各サイト、アドネットワークを経由しないダイレクトメディアバイイングなど、他のドメインからのリンクを介して発生したたトラフィックを総称してリファラルとしています。

  • ソーシャル:FacebookやYouTubeなどのソーシャルメディアサイトから送られるトラフィックです。
  • オーガニック検索:GoogleやBingなどの検索エンジンのオーガニック(非有料)検索結果から送られるトラフィックです。

  • 有料検索:GoogleやBingなどの検索エンジンに掲載された検索広告から送られるトラフィックです。

  • ディスプレイ広告:他のドメインから、既知の広告配信プラットフォーム(Google Display NetworkやTaboolaなど)を経由して送信されたトラフィックです。

トラフィックソース一覧:

分析対象の業界にトラフィックをもたらした上位のトラフィックソースの詳細を確認できます。このリストは、業界カテゴリーとマーケティングチャネルでフィルタリングして見ることも可能です。

  • ソースタイプ:トラフィックソース(マーケティングチャネル)のタイプを示します。ダイレクト、メール、リファラル、ソーシャル、サーチ/オーガニック、サーチ/ペイド、ディスプレイ広告、メールの8タイプです。

  • グローバルランク:ソースがドメインの場合に、そのグローバルランクを表示します。

  • トラフィックシェア:選択されたドメインから選択された業界に送られたトラフィックの、全トラフィックに対する割合を示します。各ソースからは上位1000件のリファラーのみを抽出しているため、トラフィックシェアの合計は100%にはなりません。

  • 変化:トラフィックシェアの前月からの変化率を示します。

  • アドセンス:ドメインがGoogle AdSenseを使用しているかどうかを示します。

活用方法

業界で活用されている主要なリファラルやパブリッシャーなどに対する理解を深めることができます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています