重複排除オーディエンス

SimilarWebを使ってウェブサイトへのリーチを測る方法は3つあります。

  • 合計訪問数  - サイトへの訪問(=セッション)
  • 月間ユニーク訪問者  - 直近月にサイトを訪問したユニークデバイス
  • New! 重複除外オーディエンス - サイトを訪問したユニーク訪問者

重複除外オーディエンスの指標を使うと、複数のデバイス経由でサイトを訪問しているユーザーの数を理解することができます。 

本指標の場所: [ウェブサイト分析] > [ウェブサイトパフォーマンス] > [トラフィックとエンゲージメント]
*比較モードでは表示されません

 

重複排除オーディエンスとは?

[重複排除オーディエンス] 指標は、複数デバイス経由でサイトにアクセスするユーザー数を把握するために使用します。この指標を使って、より正確なオーディエンス分析をすることができるだけでなく、デバイス別の(モバイル、デスクトップ、あるいは両方で)予算配分をすることに役立ちます。重複除外オーディエンスは、実際にウェブサイトを訪問する合計ユニークユーザー数の近似値として理解できます。

 

計測方法

使用デバイスの重複を排除した月別のオーディエンス サイズは、シミラーウェブのデータ ラーニングセットと線形回帰モデルで組まれたアルゴリズムを使って推定されています。

 

本指標から得るインサイトは?

重複除外オーディエンスは、ウェブサイトがデスクトップとモバイルの両方から得るユーザー数に関するインサイトを提供します。この指標を活用することで、より正確なオーディエンス分析が可能となり、オーディエンスのリーチとロイヤリティを理解することができます。本指標を参照することで、消費者がどのようにウェブサイトをブラウズしているか、つまり企業がどこにメディア関連予算を費やすべきかを判断する手掛かりになります(デスクトップおよびモバイル)。 

プロのヒント:

重複除外オーディエンスの指標は、複数デバイスからサイトにアクセスするユーザー数を知る手がかりとなります。つまり、エンゲージメントが高く、リピート訪問するユニークユーザー数を示す値となるので、本指標値の割合が高ければ高いほど良いということが言えます。 

 

本指標はプラットフォームのどこで利用可能か?

重複除外オーディエンス指標は下記セクションで利用することができます。

  • ウェブサイト分析 > トラフィックとエンゲージメント
  • ウェブサイト分析 > ウェブサイトパフォーマンス(近日リリース)

Screen_Shot_2020-02-18_at_10.02.11_AM.png

過去のデータ: 重複除外オーディエンスは2018年3月分から利用可能になります 
国フィルター: 重複除外オーディエンスは、モバイルデータの提供が開始済みの国フィルターで利用可能です

 

本指標の使い方

  1. [リサーチ]タブから1つ以上のウェブサイトを分析します 
  2. サイドバーから、[トラフィックとエンゲージメント]をクリックします 
  3. 表示される各エンゲージメント指標値のテーブルで、[重複除外オーディエンス]をクリックします 

Screen_Shot_2020-02-18_at_10.05.11_AM.png

棒グラフにポインタを合わせると、デバイスごとに占めるトラフィックの割合が表示されます。The split between desktop-only users, mobile web only users and those who visited on both will add up to 100% of the audience.

トラフィックとエンゲージメントの比較 

 

サイトの比較ビューで [トラフィックとエンゲージメント] のテーブルを表示すると、月別ユニーク訪問者など指標と同様のタブから表示することができます。 

Screen_Shot_2020-02-18_at_9.56.11_AM.png

比較モードでは、重複排除オーディエンスは合計値の線グラフとして表示され、デバイスごとの割合は表示されません。

テーブル右上のアイコンから、エクセルやpng形式でダウンロードすることができます。

プロのヒント: 

[重複排除オーディエンス] は日別・週別の粒度では利用できません。したがって、「最新28日間」の分析フィルターを選択している場合、本指標は表示されません。さらに、本指標は「全てのデバイス」を選択している場合においてのみ表示されます。デバイスを「モバイル」や「デスクトップ」に限定している際には利用することができません。

この記事は役に立ちましたか?
3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています