検索キーワードの競合を特定する方法

ターゲット顧客を知るための最良の方法の一つは、主要な競合他社を知ることです。競合他社を理解することでオーディエンスがどこに行くのかを知ることができ、競合他社のウェブサイト分析を行うことで、オーディエンスに関するインサイトを獲得できます。また、自社と同じキーワードでトラフィックを獲得している競合他社を分析することで、オーディエンスについてさらに理解を深めることができます。

この記事では、ビジネスリサーチャーやマーケティングマネージャーが、キーワードの競合を特定することで、ターゲット顧客をよりよく理解する方法を解説します。

競合他社を特定する/キーワードの競合を特定する

自社にとっての競合を知るためには、「競合情勢」の機能を使います。また検索キーワードの競合を特定するためには、「オーガニックの競合」と「有料検索の競合」という2つの機能を使います。

まず競合情勢の使い方から説明します。リサーチインテリジェンス概要セクション内に競合情勢というサブメニューがあります。メニューをクリックすると、分析対象のサイトと類似性をもつサイトリストが表示されます。ここで分析対象サイトとして自社サイトを指定することで、自社にとっての競合サイトがどこかを知ることができます。

競合サイトリストの使い方:

  1. 表示された競合サイトリストを特定の業界のカテゴリーでフィルタリングできます。表のすぐ上にある業界のドロップダウンメニューを使用します。

  2. 競合リストは、デフォルトでは親和性でソートされています。「グローバルランク」という項目をクリックすることで、トラフィックとユーザーエンゲージメントの観点からのランキング順に並べ替えて表示することができます。

  3. 「親和性」という項目をクリックすることで、自社サイトと最も類似したサイト順に並べ替えて表示することができます。

また、シミラーウェブの他のデータテーブルと同様に、「検索」ボックスを使って特定のウェブサイトを検索することができます。

次にキーワードの競合を知るための方法です。マーケティングインテリジェンス検索セクション内にはオーガニックの競合有料検索セクション内には有料の競合というサブメニューがあります。それぞれのメニューをクリックすると、分析対象サイトのオーガニック検索と有料検索における上位の競争相手を表示します。キーワードの視点から競合サイトを特定でき、これまであまり認識していなかったサイトが競合リストにあがってくることもあります。SEOやPPCの担当者にとって、非常に有用なツールです。

キーワードの競合リストから得られるメリット:

  • ネット上のターゲット顧客がどのようなドメインにアクセスしているかを知ることができます。

  • 競合サイトのキーワードを分析することで、オーディエンスがどのようなキーワードで競合他社のサイトにアクセスしているのかを確認することができます。

  • 競合他社の詳細な分析を行い、訪問者に関する詳細な情報を得ることができます。

この記事は役に立ちましたか?
7人中5人がこの記事が役に立ったと言っています