Excelダウンロードのデータクレジット

Similarwebではどの契約パッケージにもデータクレジットが付帯しています。これを使ってデータをエクセルレポートでダウンロードしたり、APIによるデータ抽出をすることができます。

データクレジットとは?

データクレジットは、エクセルダウンロードやAPI経由で、Similarwebのデータを柔軟に活用するための方法です。

クレジットを使うことで、Similarwebプラットフォーム上のさまざまなデータをダウンロードすることができるようになります。クレジットの価値はダウンロードするレポートによって変化します。

例:

1 クレジット = キーワードのデータ 1000行分

1 クレジット = その他テーブルのデータ 200行分

使用するクレジット量は、レポートのダウンロードが完了する前に通知されます。

クレジット残量とダウンロードに必要なクレジット数 で詳細をご確認ください。 

  Note: API利用のデータクレジット料金体系は異なります。こちらの詳細は Developer Hub をご確認ください。

データクレジットの利用について

データクレジットは、Similarwebで出力されるデータのビジビリティ向上とコントロールの柔軟性に役立ちます。Excel形式でデータを出力する際には、ご契約アカウントが保有するデータクレジット数、さらに、そのダウンロードで消費されるクレジット数が表示され、クレジットのバランスを把握できます。

データクレジットの上限はご契約パッケージによって変動します。より上位のパッケージでは、使用できるクレジット数も多くなります。データクレジットの上限は平均的な利用率に基づいて決定されますのでご心配不要です。 

例えば、分析したいドメインの獲得キーワードをダウンロードしたい場合、これは1データクレジットに相当します。競合分析でユーザーが平均的に消費するデータ量をベースとして、Competitive Intelligence Explorer Packageには100クレジットを付与されています。弊社サイトの「料金」ページもご参照ください。

契約パッケージでデータクレジットの上限に達してしまった場合はどうしたらよいですか?

ご契約パッケージでデータクレジットの上限に達したということは、Similarwebから非常に多くのデータをダウンロードしてご利用いただいているということになります。こういったケースでは Similarweb API を使って、データをまとめて出力いただくことをおすすめします。詳しくは 弊社までお問い合わせください

私が保有するデータクレジット数とダウンロードで消費するクレジット数を知りたいのですが?

エクセルファイルのダウンロードアイコンをクリックすると、ウィジェットが開き、ダウンロードしたいデータの行数 (row)を指定するよう求められます。指定後に、保有クレジット数と、ダウンロードで消費するクレジット数が表示されます。

Screenshot

  Note:

  • アカウント設定 画面でクレジットの残数やバランスを確認することができます。
  • 24時間以内に同一データ(ファイル)を再ダウンロードした場合、2つ目のファイルではクレジットは消費されません。
この記事は役に立ちましたか?
11人中9人がこの記事が役に立ったと言っています